KCN会員の皆様へ

 平素より当法人の運営等に格段のご理解ご協力を賜り、まことにありがとうございます。
 会員のみなさまにおかれましても、新型コロナウィルス感染拡大防止等について、多大な労をとられている事と拝察します。
 当法人は「障がいのある方々が地域で安心して、自分らしく暮らしていくために、有効なケアマネジメントの手法を、相談支援に従事する者等が広く地域に提供できること」を目指しています。今、まさに地域生活での安心が揺らいでいる状況で、目の前の支援だけでなく、声なき声に耳を傾け、官民協働や多職種連携による必要な支援の提供が求められているのではないか、と考えます。
 相談支援専門員のみなさま、サービス管理責任者のみなさま、児童発達支援管理責任者のみなさま、また障害福祉に従事しているみなさま、関係者のみなさま。これまでのKCNで受講された研修内容等を想い出してください。
 誰もが未経験な困難を前に、すでに疲弊感や焦燥感、あるいは閉塞感を覚えている方もおられるのではないかと懸念しております。どうか一人や一事業所で抱え込まず、さまざまなネットワークを活用して、この難局を乗り越えていきましょう。そして再び研修や連絡会でお会いした時に、「こうやって連携しながら状況改善が出来た!」等の好事例紹介でもしながら、共にたたえ合いましょう。
 今からその日が来ることをKCN理事職員一同楽しみにしております。

                                          特定非営利活動法人
                                          かながわ障がいケアマネジメント
                                          従事者ネットワーク
                                          理事長 岡西 博一

ページトップ